誰でもジムに行きたくなる?本当は敷居が低いジムの話。

>

リスクは?意外に少ないデメリット

ジム通いのデメリット

①費用と時間がかかる。
ジムの平均月謝は約1万円です。
これに入会金が発生します。(平均約6千円)
標準的なプランですので、オプションは別途で必要となります。
もちろんジムまでの交通費・時間がかかります。
なかなかジムに行く時間がない。と言って解約する人もいますが、最近のジムは、早朝・深夜営業はもちろん、24時間営業しているので、仕事に行く前や帰り、自分の好きな時間に行く事が出来ます。
②たくさんの人がいる。
たくさんの人が居ると、人気のマシンは順番待ちです。
トラブルにならないよう、相手を思いやるのが大事です。
もし何かあったらインストラクターに相談しましょう。
③手軽さがない
シャツやズボン・タオルなどをを持って行く煩わしさがあります。
仕事道具とジムの道具で、重くて持ちたくない。と言って辞める人もいるようです。
しかし追加料金でシャツ類をレンタル出来るところもあるので、手ぶらでジムに行く事も出来ます。

少しでもお得にするには

一番の問題は費用だと思います。
しかしキャンペーン期間中ですと、通常より安く入会する事が可能です。
他にも法人会員や特定のクレジットカードを持っている。などの割引方法もたくさんあります。
また、公営ジムは1回の利用で数百円と言う安さですので、私営ジムに入会する前に、公営ジムを体験して、ジムの感覚を掴んでみるのも良いでしょう。
他にも、無料体験を実施しているジムも多いので、体験に行って、自分が続けやすい。と思うようなジムを見つける事も出来ます。
ジムに通った人で、ダイエットや体力増進・運動不足などの目的で通い、目標達成をした人は4割を超え、達成できなかった人を上回っています。
自己流ではなかなか続けられず、失敗ばかりしてきた人も多いと思います。
無料体験で、自分合ったジムを探してみませんか?


この記事をシェアする